1日20秒でできるiPhone入門(画面がスリープする時間を変える)

iPhoneを触っていると、画面に少しの間触れていないだけで、画面がすぐに消えてスリープ状態になってしまいますよね。

初期設定では、1分間iPhoneの画面に触れていないだけで画面がスリープしてしまう設定になっています。

 

今日は、iPhoneの画面がスリープに入る時間を変更する方法を紹介したいと思います。

 

設定を変えるには、iPhoneの「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」をタップします。

f:id:ringocat-note:20161022171300p:plain

 

画面に触れなかった場合にスリープに入る時間を選択します。

f:id:ringocat-note:20161022171421p:plain

以上で設定は終わりです。

 

「なし」を選択すると、手動でスリープボタンを押してスリープさせるまで画面は点いたままになります。

ずっと画面が消えない方が便利な時もありますが、消し忘れには注意をしましょう。

 

ちなみにワタシは3分に設定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です