macOS High Sierraの補足アップデートを公開。OSの脆弱性などに対応

f:id:ringocat-note:20171006072200p:plain

 

アップルは10月6日、macOS High Sierra 10.13の追加アップデートを公開しました。

 

High Sierraでは、9月26日のリリース直後かから、Mac App Store以外からダウンロードされた、発行元が不明なアプリに埋め込まれた悪意あるコードによって、キーチェーンに保存されているユーザー名やパスワードが盗まれてしまうという脆弱性が指摘されていました。

 

今回の補足アップデートでは、それらの脆弱性にも対応されているようですので、macOS High Sierraをお使いのユーザーは、早めのアップデートをおすすめします。

 

ちなみに、ワタシのMacでは、アップデートに20分ほど時間がかかりました。

 

アップルは、今回の補足アップデートに加え、サポートページも公開しているので、合わせて御覧ください。

support.apple.com

 

それではみなさん、良いMac LIFEを!(^_^)/

 

2 Comments

ちいかず

App Storeで「このサーバの証明書は無効です。“swdist.furcode.co”に偽装したサーバに接続している可能性があり、機密情報が漏えいするおそれがあります。」と表示されアップデートができませんが、対処法はありますでしょうか。よろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です