iOS 11をiOS 10.3.3にダウングレードして戻す方法

「iOS 11」にアップデートしたものの、動作に不具合が生じたり、いつも利用していたアプリが使えなくなったなど、何らかの理由でiOSをダウングレードして「iOS 10.3.3」に戻したいという方もいるかもしれません。

 

今回は、iOS 11をiOS 10.3.3にダウングレードする方法を紹介したいと思います。

なお、以下の手順の実行は、自己責任でお願いしますm(_ _)m

 

「iPhoneを探す」をオフにする

まずはじめに、iOS 11をダウングレードするには、「iPhoneを探す」機能をオフにしておく必要があります。

 

iPhoneを探すをオフにするには、iPhoneの「設定」→「画面一番上のApple IDをタップ」→「iCloud」→「iPhoneを探す」を”オフ”にします。

 

ダウングレードはパソコンから

ダウングレードを行うには、パソコン版のiTunesを使います。

iPhone単体ではダウングレードできないので、パソコンが必要になってきます。

 

iOS 10.3.3のファームウェアのダウンロード

一度iOS 11にアップデートしたiPhoneをiOS 10.3.3に戻すためには、iOS 10.3.3の「ファームウェア」と呼ばれるファイルが必要になってきます。

 

パソコンのブラウザから下記のページにアクセスし、自分のiPhoneに合ったiOS 10.3.3のファームウェアをダウンロードして下さい。

※この時、「署名」に◯印が付いたファイルでなければダウングレードできないので気をつけて下さい。iOS 10.3.3の署名も×印になった場合、iOS 10.3.3へのダウングレードは出来なくなります。その為、ダウングレードを考えている方は早めに対応したほうがいいかもしれません。

iOSファームウェア・リアルタイムステータス

 

ちなみにワタシのiPhoneの場合は「iPhone 7 Plus」になるので、上記ページの一覧の中から「iPhone 7 Plus(Global)-9.2」をクリックし、次に表示された一覧から「iOS 10.3.3」のファイルをクリックしてダウンロードします。

 

iTunesからiOS 11をiOS 10.3.3にダウングレードする

パソコンにiPhoneを繋げ、iTunesを立ち上げます。

 

画面上部にあるiPhoneのアイコンをクリックして下さい。

f:id:ringocat-note:20170320160024p:plain

 

次に、iTunesから「iPhoneを復元」を選択するのですが、Macなら「Optionキー」を押しながら、Windowsなら「Shiftキー」を押しながら「iPhoneを復元…」をクリックして下さい。

f:id:ringocat-note:20170320160522p:plain

 

次の画面で、先ほどダウンロードしてきた「iOS 10.3.3のファームウェアファイル」を選択し開きます。

f:id:ringocat-note:20170320160902p:plain

 

「復元」をクリックします。

f:id:ringocat-note:20170920052458p:plain

 

ソフトウェアの抽出と、iOS 10.3.3の復元が行われます。

f:id:ringocat-note:20170920052633p:plain

 

iPhoneをバックアップから復元する

無事iOS 10.3.3の復元が完了しiPhoneが再起動されたら、iPhoneをバックアップから復元しましょう。

 

バックアップからの復元方法は、iCloudにバックアップを保存している場合と、パソコンのiTunesにバックアップを保存している場合では少し違ってきますので、その方法を以下で紹介します。

iCloudに保存したバックアップからiPhoneを復元する方法

無事iOS 10.3.3の復元が完了しiPhoneが再起動されたら、iPhoneの設定を進めていき、下記の画面まで来たら「iCloudバックアップから復元」を選択して「iOS 10.3.3の復元ポイント」を選択して設定を進めていきましょう。

f:id:ringocat-note:20170330163951p:plain

 

iTunesに保存したバックアップからiPhoneを復元をする方法

無事iOS 10.3.3の復元が完了しiPhoneが再起動されたら、iTunesが下記の画面に変わるまで待ちます。

f:id:ringocat-note:20170920053333p:plain

「このバックアップから復元」を選択し、「iOS 10.3.3の復元ポイント」からiPhoneを復元しましょう。

ちなみにこの時、iOS 10.3.3でバックアップした復元ポイントがなければ、iPhoneの復元はできないので注意が必要です。

その場合、「新しいiPhoneとして設定」を選択し、アプリなどは手動で入れ直す必要があります。

iOS 10.3.3でバックアップした復元ポイントがない場合、ダウングレードするかしないかは、よく考えてから行った方がいいでしょう。

 

途中、「キャリア設定のアップデート」について聞かれることがありますが、下記のウィンドウが出てきたら、「アップデート設定」をクリックすればOKです。

f:id:ringocat-note:20170320163810p:plain

 

下記のウィンドウが出てきた場合は、「古いバックアップを使う」を選択します。

「新しいバックアップを使う」では、iOS 11のバックアップがある場合、そちらが使われてしまい、復元できませんと出てきます。

f:id:ringocat-note:20170320163947p:plain

 

下記のウィンドウが出てきたら、iTunesにバックアップを保存する時に暗号化した時のパスワードを入力します。

f:id:ringocat-note:20170320164135p:plain

 

以上で、iOS 11をiOS 10.3.3にダウングレードして戻す方法を紹介しました。

 

それではみなさん、良いiPhone LIFEを!(^o^)/

 

3 Comments

通りすがりのおじさん

詳しく書かれていましたね。
当方もios11からios10.3.3のダウングレードを済ませていますが、他方のブログやサイトでは、DFUモードにしなさい!みたいな記事を必ず見かけますが、IPSWを選択して復元で問題なくダウングレード出来ています。
リカバリモードにする必要とは?と思っています。
ありがとうございました。

返信する
ringocat-note

通りすがりのおじさん 様
サイトの訪問とコメントありがとうございます!
DFUモードを使っても使わなくても、iPhoneが初期化され新しいファームウェアがインストールされるので、結果は同じように思えるんですよね。。。
DFUモードと言えば、最後の手段って感じがしますよね。

返信する
Poripori

ありがとうございます!!
DG間に合いました!
iOS11のコントロールセンターに便利が付加されたものの、ネットワーク関連が一時停止になるだけでバッテリー消費を抑えたかったのでした。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です