iPhone 8/8 Plusの強制再起動の方法とは?iPhone 7/7 Plusからまた変わった!!?

f:id:ringocat-note:20170924074325p:plain

iPhone 7/7 Plusでは、ホームボタンが物理ボタンではなくなったことから、それまでのiPhoneと比べ、強制再起動の方法が変わっていました。

 

ちなみに、iPhone 7/7 Plusの強制再起動の方法は、スリープボタンと音量を下げるボタンを10秒間同時に押し続けることで強制再起動が行われます。

 

しかし、iPhone 8/8 Plusでは、サイドボタン(これまでスリープボタンと呼ばれていたボタン。iPhone 8/8 Plusから名称が変わった)と、音量の上げ下げのどちらかのボタンを同時に押すと、緊急SOSが立ち上がってしまいます。

 

それでは、iPhone 8/8 Plusでの強制再起動の方法はどう変わったのでしょうか?

 

iPhone 8/8 Plusは3ステップで強制再起動

iPhone 8/8 Plusで強制再起動するには、3ステップあります。

  1. 「音量を上げる」ボタンを一回押す。
  2. 「音量を下げる」ボタンを一回押す。
  3. 「サイドボタン」を、Appleマークが表示されるまで押し続ける。

という3ステップとなります。

 

なんだか、裏技のコマンドみたいになっちゃいましたね(笑)

 

各ボタンの名称は、下記を参考にしてみて下さいね。

f:id:ringocat-note:20170924075930p:plain

 

ちなみに、iPhone 8/8 Plusの電源をオフにする方法は、これまでのiPhoneと同じく、サイドボタンを長押しし、画面に出てきた「スライドで電源オフ」をスライドして電源をオフに出来ますよ。

 

それではみなさん、良いiPhone LIFEを!(^_^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です