防水仕様【 iPhone 7 Plus】で水中撮影 第二弾

f:id:ringocat-note:20160927145300j:plain

 

今日、ワタシの住む地方は久しぶりの晴天に恵まれたので、車で1時間ほどのところにある滝を見に行って来ました。

 

ほとばしる滝のしぶきと川の流れを見ていたら、ワタシのiPhone 7 Plusで水中撮影をしたくなり(^_^;)、試してきてみました。

 

一応川の流れにも耐え、水中撮影ができたようです。

 

動画は26秒と短いですが、よろしければご覧ください。

 


防水仕様【iPhone 7 Plus】で水中撮影 第二弾

 

この様子だともう少し色々な水中撮影にも使えるのでしょうか?

海とか?

塩分が少し気になりますが。

 

サンゴや泳ぐ魚を撮れると綺麗なのでしょうが、ワタシが住む街の海は荒々しい日本海。。。。

 

 

水中撮影時の注意

アップルでは水没によるiPhone 7の修理は保証対象外だとしていて、防水機能も経年劣化する恐れがあるので完璧ではないとアナウンスしていますので、もし水中撮影を試す方がいらっしゃれば、覚悟の上、自己責任でお願いしますm(_ _)m

また、濡れたiPhoneを充電する時は、十分に乾燥させてからLightningケーブルを挿して下さいね。

 

以下、Apple公式より抜粋

4.iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。
http://www.apple.com/jp/iphone-7/specs/

 

 

それではみなさん、よいiPhoneLIFEを(^o^)丿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です