iPhoneの初歩の初歩。パスコードを設定しよう!

f:id:ringocat-note:20160930104616j:plain

パスコード設定で出来ること

データの保護

iPhoneで「パスコード」を設定すると、iPhoneにログインするにはパスコードの入力が必要になってきます。

iPhoneの中のデータを他人に見られてしまうと言うリスクが減ります。

 

指紋認証も利用可能に

また、パスコードを設定すると「Touch ID」を使えるようにもなります。

「Touch ID」とは指紋認証の事ですね。

Touch IDを設定すると、パスコードを入力しなくても指紋認証でiPhoneにログイン出来るようになる他、iTunesやAppStoreでの商品を指紋認証で購入することが出来たり、Touch IDに対応したアプリに素早くログインすることもできるようにもなります。

 

安全で便利なパスコード

「パスコード」はiPhoneのデータを守るだけではなく、とても便利に使えるようにもなるので、是非活用したい機能です。

 

iPhoneを購入して一番最初にiPhoneを立ち上げた時に、パスコードの設定もあったと思うのですが、その設定をスキップして使わなかった人も、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

今回はそんなパスコードの設定を紹介したいと思います。

 

パスコードを設定しよう!

パスコードの設定はiPhoneの、

「設定」→「Touch IDとパスコード」

から行う事ができます。

Touch IDとパスコード

 

 

パスコードをオンにする。

パスコードをオンにする

 

 

任意の6桁の数字を入力します。

パスコードの入力

 

 

推測されやすいパスコードだった場合は警告がでます。

「コードを使用」を選択して、そのまま使うこともできますし、「新しいコードを選択」を選択して、新しく入力し直すこともできます。

警告

 

 

確認のため、パスコードを一度入力します。

パスコードの確認

入力したパスコードが合っていれば、パスコードの設定は完了です。

 

 

また、6桁のパスコードを入力する画面で、「パスコードオプション」を選択する事もできます。

パスコードオプション

 

パスコードオプションを選択すると、以下の中から任意のパスコードを設定することもできるようになります。

パスコードオプション選択

 

 

パスコードの設定が完了したところで、iPhoneを一旦閉じ、起動してみましょう。

 

 

ホームボタンを押してロック画面を解除します。

ロック画面

 

 

ログイン画面が、パスコード入力画面になりました。

ログインパスコード入力画面

 

以上になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です