Win10 → Win7 に 戻す方法

f:id:ringocat-note:20160717152455p:plain

 

Windows10にアップグレードしたものの、どうも使い勝手が馴染まないと言ったり、今まで使っていたソフトやドライバが使えなくなりプリンター等の周辺機器が使えなくなったという報告も聞き、「やっぱりWindows7に戻したい」と思う人も多いのではないでしょうか。

 

Windows10にアップグレードしても、アプグレから31日以内であれば、Win10で用意された機能で簡単にWindows7に戻す事ができます。

f:id:ringocat-note:20160717153730p:plain

 

Win10 → Win7に 戻す手順

Windows10の「スタートメニュー」から「設定」を選択します。

f:id:ringocat-note:20160717151504p:plain

 

更新とセキュリティーを選択。

f:id:ringocat-note:20160717151953p:plain

 

「回復」から「Winwos7に戻す」を選択する。

f:id:ringocat-note:20160717152240p:plain

 

後は、指示に従い、ダウングレードが完了するのを待つだけです。

f:id:ringocat-note:20160717152525p:plain

 

所要時間

私のPCでは、ものの数分でダウングレードが完了してしまいました。

 

Windows7に戻したらどういう状態になっているのか?

上記の説明では、「一部のプログラムは再インストールが必要となります」とありますが、ワタシの環境では、Win10へアップグレードする前に使っていた時そのままのキレイなWindows7の状態に戻る事が出来ました。

 

再びWin7 → Win10へ

Windows7に戻した後も、再びWindows10へアップグレードすることが出来ます。

一度でもWin10をインストールし、認証したことがあるPCであれば、無償アップグレード期間を過ぎても、Win10が無料でインストールすることが出来るそうです。

ただ、Win10 → Win7へ戻す場合、時間は数分程度しかかからなかったのですが、再びWin7 → Win10にする時は、普通に1時間ほどかかりました。 

f:id:ringocat-note:20160717152744p:plain

 

  まとめ

Win10の無償アップグレードから31日以内であれば、Win10の設定から戻す事が可能。

「スタートメニュー」 → 「設定」 → 「更新とセキュリティ」 → 「回復」 → 「Windows7へ戻す」

所要時間は僅か数分です。

 

ワタシの体感では、Win7よりもWin10の方が起動や動作が軽く感じており、セキュリティー面でも安心出来るWin10に今のところ不都合もなく快適に使えているのですが、もしも、Win10 → Win7にダウングレードしたいと言う方の参考になれば幸いです。

 

 よければ、前回のこちらの記事も合わせてお読み下さい。

Win10 無償アプデ終了まであと僅か!無償後も無料でアプデする裏ワザとは | ringocat note

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です