サポート対象外のMacに「macOS High Sierra」をインストールした【iMac Early 2008】

f:id:ringocat-note:20170928085723p:plain

古いMacでは「macOS High Sierra」のサポート対象外となり、macOS High Sierraをインストール出来ないMacがあります。

ワタシの使っているiMac「iMac Early 2008」も、「macOS High Sierra」のサポート対象外となっています。

しかし、そんなサポート対象外となってしまったMacにも、macOS High Sierraをインストールすることができるパッチツールが公開されていますので、早速ワタシも試してみました。

下記リンクがパッチツール「macOS High Sierra Patcher」を公開しているサイトなのですが、当ブログではその使い方を日本語で詳しく解説しておきたいと思います。

macOS High Sierra Patcher

まずはじめに「macOS High Sierra」からサポート対象外となってしまったMac達

  • MacBook:2008 / Early2009 / Mid2009
  • MacBook Pro:2007 / 2008 / 2009
  • MacBook Air:2008 / 2009
  • Mac mini:2009
  • iMac:2007 / 2008 / Early2009 / Mid2009
  • Mac Pro:2008 / 2009
  • Xserve

パッチの必要条件

以下のMacで「macOS High Sierra Patcher」の利用が可能です。

  • Early 2008以降のMac Pro, iMac, MacBook Pro (MacPro 3,1, 4,1, iMac 8,1, 9,1, MacBook Pro 4,1, 5,1 5,2, 5,3, 5,4, 5,5)
  • Late 2008以降のMacBook Airまたは、アルミニウム Unibody MacBook (MacBookAir 2,1, MacBook 5,1)
  • Early 2009以降のMac Miniまたは白いMacBook (Mac mini 3,1, MacBook 5,2)
  • Early 2008以降のXserve (Xserve 2,1, Xserver 3,1)

残念ながらパッチツールがサポートされていないMac達

以下のMacでは残念ながら「macOS High Sierra Patcher」は使えません。

  • 2006-2007 Mac Pro, iMac, MacBook Pro, Mac Mini(MacPro 1,1, 2,1, iMac 4,1, 5,1, 5,2, 6,1, 7,1, MacBook Pro 1,1, 2,1, 3,1, Macmini 1,1, 2,1)
  • ※2007年のiMac 7,1は、CPUをPenrynのベースのCore 2 Duo(T9300など)にアップグレードされている場合、互換性があります。
  •  2006-2008のMacBook(MacBookの1,1, 2,1, 3,1, 4,1)
  • 2008年のMacBook Air(MacBookAir 1,1)

パッチの既知の問題点

一部のMacでは、Wi-Fiが使えなくなるなど、問題があることが分かっています。

「Broadcom BCM4321 WiFiモジュール」を使用しているMacでは、Wi-Fiが使用できなくなってしまいます。

Wi-Fiが使えるモデルかどうかを調べるには、Macのデスクトップ左上の「アップルマーク」→「このMacについて」→「システムレポート…」を開き、「ネットワークセクション」の「Wi-Fi」をクリックして確認します。

macOS High SierraでWi-Fiが動作しないID:

  • (0x14E4, 0x8C)
  • (0x14E4, 0x9D)
  • (0x14E4, 0x87)
  • (0x14E4, 0x88)
  • (0x14E4, 0x8B)
  • (0x14E4, 0x90)

上記に記載されていないIDはサポートされているので、High SierraでもWi-Fiは正常に動作します。

f:id:ringocat-note:20170927165825p:plain

ワタシのiMac Early 2008の場合、IDが「(0x14E4, 0x8C)」となっているので、残念ながらmacOS High Sierraをインストールすると、Wi-Fiが使えなくなってしまいます。

しかし、ワタシのiMacはデスクトップなので、机の上に置いたまま、通信回線も有線で利用しているので、Wi-Fiが使えなくなったところで問題はないだろうと「macOS High Sierra」のインストールに踏み切って使っています。

今のところ、Wi-Fiが使えなくなった以外、不都合を感じることはありません。

周辺機器などはBluetoothで使えていますしね!

 

macOS High Sierra インストール手順

はじめに

以下の手順はアップル非正規の方法ですので、何が起こってもあくまで「自己責任」という形でお願いします。

まずは「SIP」の無効化から

macOS High Sierraを実行している間は、「SIP」を無効しておかなければなりません。

警告が表示され何らかの形でSIPが使用可能になった場合は、再度SIPを無効化するよう促されます。

また、なんらかの理由でPRAMをリセットしないことも重要です。

PRAMをリセットしてしまうと、SIPを再び有効にしてしまうからです。

macOS High Sierraをインストールする前に、以下の手順で「SIP」を無効化します。

1.「commandキー + R」を押しながらMacを起動します。

2.「ユーティリティー」→「ターミナル」を開き、

csrutil disable

と入力してreturnキーを押し、Macを再起動します。

 

Macの「機種 ID」を覚えておく

Macの「機種 ID」は、後々パッチを当てる際に必要となってくるので、紙に書き留めるなどして覚えておきましょう。

機種 IDの確認方法は、Macのデスクトップ左上の「アップルマーク」→「このMacについて」→「システムレポート…」から確認することができます。

f:id:ringocat-note:20170927165859p:plain

 

USBメモリの準備

インストール起動ディスクを作るために、8GB以上のUSBメモリが必要となってきますので、準備をしておきましょう。

Amazon.co.jp: USBメモリ 8GB 

 

USBメモリの初期化

USBメモリをMacにセットし、Macの「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を立ち上げて初期化します。

USBの名前には「macOS」などと分かりやすい名前を付けるといいでしょう。

フォーマット「OS X 拡張(ジャーナリング)」と、方式「GUIDパーティションマップ」を選択し、「消去」をクリックしてUSBメモリを初期化します。

USB初期化

 

パッチツールのダウンロード

次に、こちらからパッチツールをダウンロードします(Current version: 2.6.0)

更新履歴を表示し、古いバージョンのパッチをダウンロードするにはこちらから。

 

macOS High Sierraのインストールappを入手する

macOS High SierraをサポートするMacから、macOS High Sierraインストール.appをダウンロードし入手するか、上記パッチツールの内蔵の機能でmacOS High Sierraインストール.appを入手することができます。

パッチツールの内蔵機能からHigh Sierraインストール.appを入手するには、パッチツールを起動し、「メニューバー」の「Tools」からダウンロードし入手します。

f:id:ringocat-note:20170927172135p:plain

 

USB起動ディスクを作る

USBから起動するmacOS Sierraのインストーラーを作ります。

先ほどダウンロードしたパッチツール(macOS High Sierra Patcher.app)を起動します。

ウインドウ左側の「Click icon to Browse…」の下のアイコンをクリック。

f:id:ringocat-note:20170927201446p:plain

 

入手したmacOS High Sierraのインストーラ「Install macOS High Sierra.app」を選択して「Open」をクリック。

f:id:ringocat-note:20170927201308p:plain

 

OKをクリック。

f:id:ringocat-note:20170927201918p:plain

「Volume:」に「USBメモリ」を選択して、「Start Operation…」をクリック。

f:id:ringocat-note:20170927202449p:plain

 

「Yes」をクリック。

f:id:ringocat-note:20170927202822p:plain

 

USBメモリに、macOS High Sierraのインストールファイルのコピーがはじまります。

途中、何度か”青い進行バー”がまったく進まなくなるのですが、コピーの処理は行われていますので気長に待ってみましょう。

ワタシのiMac Early 2008の場合、コピーが完了するまでに30分くらいかかりました。

f:id:ringocat-note:20170927202944p:plain

 

コピーが完了すると、”青い進行バー”がMAXになり、その上に「Complete!」とでてきます。

これでインストールディスクの作成が完了しました。

ウインドウ左上の赤いボタンを押してウィンドウを閉じます。

f:id:ringocat-note:20170927210357p:plain

 

macOS Sierraのインストール(USBから起動)

「optionキー」を押しながらMacを再起動して、USBメモリから起動します。

f:id:ringocat-note:20170928091551p:plain

インストーラーが起動します。

 

macOS Sierraをクリーンインストールしたい場合

macOS Sierraをクリーンインストールしたい場合は、画面左下のウインドウの「Disk Utility」をダブルクリックし、ディスクユーティリティを起動し、初期化したいディスクを消去します(上書きインストールの場合は必要ありません)。

f:id:ringocat-note:20170928090323p:plain

 

インストールの開始

下記のウインドウの「続ける」をクリックしてmacOS High Sierraのインストールを開始します。

f:id:ringocat-note:20170928091213p:plain

 

パッチツールのインストール(もう一度USBから起動)

High Sierraのインストールが完了したら、次にパッチを適用するために、もう一度「optionキー」を押しながらMacを再起動して、USBメモリから立ち上げます。

f:id:ringocat-note:20170928091551p:plain

 

画面左下のウインドウから、「mac OS Post Install」をダブルクリックします。

f:id:ringocat-note:20170928091847p:plain

「Choose your Mac Model:」で、一番はじめに覚えた自身のMacの「機種 ID」を選択します。

 

あとの項目は、機種IDに合わせて自動的にチェックマークが入ります。

この時、「Recovery Partition Patch」にもチェックを入れることで、「復旧ディスク」が使えるようになるので、チェックを入れておくといいでしょう。

「Select Volume:」で、macOS High Sierraをインストールしたディスクが選択されていることを確認して「Patch」をクリック。

f:id:ringocat-note:20170928092818p:plain

 

パッチが適用されたら、アップルマークからMacを再起動をします。

f:id:ringocat-note:20170928093322p:plain

 

macOS High Sierraインストール完了!

以上でmacOS High Sierraのインストールは完了となります。

Macが再起動し、High Sierraから立ち上がります。

Macが再起動したら、最初のMacの簡単な設定を行い、macOS High Sierraにログインしましょう。

一番はじめにHigh Sierraにログインすると、下記のウインドウが表示されます。

今後、App StoreでのHigh Sierraのアップデートを可能にしたり、Night Shift機能を使えるようにするパッチなどを仕上げに適用します。

f:id:ringocat-note:20170928094017p:plain

 

以上が、サポート対象外のMacにmacOS High Sierraをインストールする方法でした。

お疲れ様でした。

 

f:id:ringocat-note:20170928093803p:plain

 

それではみなさん、良いMac LIFEを!(^_^)/

 

21 Comments

bigi

ringocat様、こんにちは。
macOS High Sierra導入後のレビューなど、またアップしていただけたら幸いです。宜しくお願いいたします。

返信する
ringocat-note

bigi 様
いつもご訪問とコメントありがとうございます!
High Sierra導入後のレビューですか!いいですね!!
ちなみに、今のところはSierraの時と同様、Wi-Fiが使えなくなっただけで、不具合は生じていないですかね。
今後とも宜しくお願いいたします(^_^)

返信する
元Mac貧乏の端くれ

はじめまして。こちらの方法で “High Sierra” でなく “Sierra” をインストールしてうまく動きました。情報ありがとうございました!

返信する
MacPro3.1使いでこのサイトにお世話になってる通りすがり

10.13.1まではこのパッチを用いてHigh Sierraを起動させ、ネットに接続・Audirvanaでハイレゾを楽しめますが、
10.13.2にアップデートするとアクセス権を強化して改変できなくしてる為か、
起動はできるけれど、ネット接続をはじめ、主だった機能(ファイルの改変を伴う機能)が使えない。Safariでネット接続できない、iTunesはライブラリ読み込みができない等、使い物にならない。
RepairPermissionsを施してもアクセス権を修正出来ないので、この辺の根本的な問題かと…。
通常のHigh SierraをインストールできるMacでは起きてない現象なので、このパッチをも効力がないモノに今回のroot問題を解決するにあたり、Apple側が締め付けてきた故ではないかと思います。

返信する
eco

こんばんわ。同じくmacOS 10.13.2をインストールして全滅でした。新たなパッチを待つか…ですかな…

返信する
MacPro3.1使いでこのサイトにお世話になってる通りすがり

10.13.2インストールに対応してる2.5.1パッチがアップされてるそうです。
自分も後ほど再挑戦してみようと思います。
取り急ぎお知らせまで。

返信する
MacPro3.1使いでこのサイトにお世話になってる通りすがり

2.5.1最新パッチで10.13.2インストール、起動、Safari使用まで成功しました。
フュージョンドライブで並存使用してるYosemiteに再起動させて戻る時にカーネルパニックを起こして二度再起動させた以外は順調…なのかな!?
以上、報告でした。

返信する
SK

ここの情報は非常にありがたく読ませていただいてます。どうもありがとうございます。
私の環境でもいろいろ試してみました。
macOS 10.13 (10.13.1 とか10.13.2 とかでなく、10.13) のインストーラを用いてこの手順でインストールしてApp Store の機能で10.13.2 に上げるとFirefox のページがクラッシュして外に全くアクセスできませんでした。おそらく2017年12月9日のあたりから報告されている不具合が出ていると思いますが、あまりいろいろ現象を確認してはいません。
で、今回試した方法ですが、macOS 10.13.2 のインストーラをこのパッチツール(2.5.1)の機能を用いてダウンロードし、クリーンインストールしたところ、これまでに起きていたFirefox のクラッシュが起きなくなりました。他も普通に動いているように見えました。
注意点としては、USBメモリから起動してインストーラを起動、そのまま放置して自動再起動すると、そのインストールしたパーティションから起動しようとするみたいですが、これはグレーの駐車禁止マークが出て再起動自体は失敗すると思います。が、これはインストール自体が失敗しているのではなく、再度USBメモリから起動してmac OS Post Install を実行すれば、起動するようになると思います。
ご参考ですが、このインストール作業ではoptionキーを押しながら起動する場面が多々ありますが、optionキーを洗濯バサミで挟んで押しておくとoptionキーを手で押し続ける煩わしさから開放されます。

返信する
ZCAT

こんにちは。素人ながらこちらのサイトに感謝しています。
iMac9,1のユーザーですが、このサイトのおかげでSierraをインストールが成功しました。続けてHi Sierraをインストールを進めましたが、Patcher2.5.1でHi Sierraをダウンロードしましたが、USBを選択してStart OperationでYesを押したら「Failed」と警告が出て「マウントにしっぱいしました。」と英文でメッセージがでました。
ダウンロードを失敗したと思い再度インストーラーをダウンロードして再挑戦しましたが駄目でした。失敗の原因がわかりません。
一つ気になるのが、ダウンロードしたインストーラーがサイトに掲載されている「High Sierra.app」ではなく、「High Sierraインストール」というファイル名になってました。
「High Sierra.app」のファイル出ないとUSBの工程に進めないのでしょうか?ちなみにSierraも「Sierraインストール」のファイル名でしたが、こちらは成功しました。
解決方法を伝授して頂けると幸いです。

返信する
ringocat

ZCAT 様
サイトの訪問とコメント、ありがとうございます!
ワタシの方でも最新のPatcherの2.5.1で試してみたのですが、警告はなく、HighSierraのインストールに成功しました。
原因は分かりませんが、USBのフォーマットや書き込みが可能になっているかや、Patcherの不具合・・・あたりでしょうか?
PatcherからダウンロードしたHighSierraのファイル名は「High Sierra インストール」で間違いありません。
あまりお役に立てずすみませんm(_ _)m

返信する
ZCAT

返信ありがとうございます。
いえいえ、とても役にたつサイトで満足しています。
「High Sierra インストール」でOKなのですね。
あれから、いくつかの過去バージョンのPatcherでもダウンロードしてトライしましたが、「Error」と警告が出て「お使いのUSBドライブが正しくフォーマットされている事を確認して、再度試して下さい。」と英文でメッセージが出たので、USBメモリ8GBが不良かも知れないと思い、今度サイトに紹介されているAmazonの安めのUSBメモリ8GBを購入してトライしてみようと思います。
ロゼッタが使えるOSX10.6.8を長らく使用してきましたが内蔵HDDをSSHDに交換したので、OSX10.6.8をパーテーション1に、Windows7をパーテーション2に、Sierraをのパーテーション3にインストールしました。とても快適なので今はこの環境を満喫したいと思います。
HighSierraのインストールは、時間が出来たらトライしたいです。
ちなみにPatcherのVer2.4.0は青いバーが途中まで進んで止まったので、Sierraの時と同じく30分位待つのだと思って1時間位放置してましたが、画面がスリープしました。スリープ解除して画面をみたら、時計が回っていてPatcherがフリーズしてて結果は失敗でした…(苦笑)

返信する
ZCAT

ringocatさんに、質問です。
High SierraのインストールについてUSBメモリのフォーマットが正しいかを確認する事と仰ってたのを思い出しましたので、サイトに記載されているフォーマットを見ると「OS X 拡張(ジャーナリング)」となってました。ところが私がインストールしたSierraでは、「MacOS 拡張(ジャーナリング)」になってまして、「OS X 拡張〜」の選択が表示されていません。この「OS X 拡張」を画面表示したいのですが、やり方があったら伝授して頂けると幸いです。何度もすみません。

返信する
ringocat

ZCAT 様
フォーマットの選択は、macOSのバージョンによって表示の仕方が変わっているのだと思います。
「MacOS 拡張(ジャーナリング)」と、「OS X 拡張(ジャーナリング)」は同じフォーマットになると思うので、どちらでも大丈夫だと思いますよ!
よろしくお願い致しますm(_ _)m

返信する
ななし

この方法でインストールした場合でも、通常のソフトウェアアップデート(セキュリティなど)はできるのでしょうか。

返信する
ringocat

ななし 様
サイトの訪問とコメントありがとうございます!
現在、記事内にあります最新のパッチツール(version: 2.5.1)を利用することで、問題なくソフトウェア・アップデートを行う事ができるようになっています。
今後のアップデートについては未知数ですので、あくまで自己責任でお願いいたしますm(_ _)m

返信する
yamamoto

ringocat様
初めまして。
Late 2008のアルミニウムを使っている者です。
こちらの記事の方法で、USBにインストールファイルをコピーするところまではうまくいったのですが、その後オプションキーを押しながら再起動してディスクにそのUSBを選択したところ、一晩待っても起動が終わらないという症状が起こってしまいました。
アップルマークの下に表示される起動待ちのバーはいっぱいになるのですが、その状態から何も起こらないのです。
これは一体どういう状態なのでしょうか?解決し、インストールを進めることは可能そうでしょうか。
お時間あるときにお返事いただけると幸いです。

返信する
ringocat-note

yamamoto 様
はじめまして!
サイトの訪問とコメントありがとうございます!
ワタシの方でももう一度一からインストールを試してみたのですが、USBからの起動に問題はありませんでした。
USBにインストールディスクがうまく作られていない可能性があるような気もしますので、もう一度最初から手順を行っても同じでしょうか?
あまりお力になれないかもしれませんが、すみませんm(_ _)m
よろしくお願い致します。

返信する
yamamoto

ringocat 樣
お返事ありがとうございます。
USBを再び初期化してパッチツールをインストールし直したところ、うまくいきました。
今一通りプロセスが終わり、High Sierraで操作しています。今のところ何の問題もありません。
どうもありがとうございました。

返信する
yanop

本ページを参考にさせていただき、無事iMac2007のアップデートができました。
大変、ありがとうございました。
CPUは、T9300へ付け替え、現在も動いております。
ただ、Wifiが使えないため、社外USB Wifiアダプタで自宅ルーターに接続しております。
5月からは、下宿する息子に持たせる予定です。
余談ですが、私はmac mini 2013を使っておりますが、メモリー増設、SSD追加+Fusion ドライブ化で同じように延命措置で古い機種を使い続けていますが、Macは、値段が高い分、延命する余地が多いのでしょうか。
今後とも、参考にさせていただきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です