次世代iPhone、ジャパンディスプレイの新型液晶「FULL ACTIVE」を採用!

f:id:ringocat-note:20180122181417p:plain

2018年の秋に発売予定の次期iPhoneですが、そのディスプレイには、現行モデルのiPhone Xに採用されている有機ELではなく、ジャパンディスプレイが開発した新型液晶「FULL ACTIVE」が採用される方向になったと、時事通信社が伝えています。

ジャパンディスプレイの新型液晶「FULL ACTIVE」は、有機ELに比べ、大画面に柔軟に対応できる点や、割安な価格が決め手となったもよう。

現行スマホのディスプレイといえば、有機EL勢が攻勢を強めていますが、FULL ACTIVEはそれに一矢報いた形となったようです。

 

ほぼベゼルレスのFLL ACTIVE

iPhone Xのベゼル幅も十分に狭いですが、FULL ACTIVEの特徴は、更なるベゼル幅のスリム化をはかる事が可能で、4辺のベゼル幅をなんと”0.5mm”まで狭める事が可能だといいます。

これはもうほぼ”ベゼルレス”といってもいいかもしれません。

実際には、次世代iPhoneのベゼル幅がどれくらいになるのか今はまだ分かりませんが、ライバルであるサムスンに有機ELの大半部分を頼っていたアップルにとっても、願った提携となったのではないでしょうか。

アップルからサムスンへ発注される有機ELの売上は、サムスンのスマホの売上をも上回るとも言われていました。

それほどiPhoneは世界中の人々に愛されているのですね。

 

今回の報道を受け、ジャパンディスプレイの株価も急騰しているようです。

 

まとめ

新しいことに挑戦し続けるアップルと、我が日本のジャパンディスプレイのタッグで、ワクワクするような次世代のスマホを作り上げていって欲しいですね!

連続赤字が続いていたジャパンディスプレイの業績も、ぜひ上がって欲しいですね!

 

それではみなさん、良いiPhone LIFEを!(^_^)/

 

Source: 時事通信社ジャパンディスプレイ

 

関連記事

www.ringocatnote.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です