ワードプレステーマ「SANGO」で、見出しがなくても文中にAdSense広告を入れる方法

 

ワタシはよく見出しのない記事を書いたりすることもあるのですが、多くのワードプレステーマでは、見出しのない記事の場合、自動広告以外で文中にAdSenseを表示させることができません。

 

そこで今回は、当ブログでも使っているワードプレスの人気テーマ「SANGO」で、見出しがなくても文中にAdSense広告を入れる方法をご紹介したいと思います。

 

参考にしたサイト

参考 【改良版】コピペで簡単!はてなブログで「文中にアドセンス広告を入れる」を自動化する方法UXエンジニアになりたい人のブログ

 

今回の記事でできること
  • 記事にh2見出しがある場合、真ん中のh2見出しの直前に広告を表示する。
  • 記事にh2見出しがない場合、記事の真ん中に広告を表示する。

 

ちなみに、この記事もあえて見出しは使わず、その方法で本文の中央にレクタングル広告を表示しています。

 

手順

まず「SANGO」のダッシュボードの「外観」→「ウィジェット」を開きます。

sango_widget

 

「カスタムHTML」を、「記事タイトル下広告(モバイル)」の一番上の部分へドラッグ。

customhtml_drag

 

ドラッグしたカスタムHTMLの中に下記のコードを入れます。

JavaScript
<!-- AdSenseを記事の途中に表示する -->
<script>
var adsenseCode = (function () {/*

<center>
<font color="#747474">スポンサーリンク</font><br>

自分のアドセンスコードの2箇所の「/script」を「/scrip」に修正してここにコピペ。

<p> </p>
</center>

*/}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>');

addEventListener("DOMContentLoaded", function() {

var $target = $('.entry-content h2');  // h2見出し
if ($target.size() > 0) {
// 「真ん中」のh2見出しの手前に広告を入れる
$target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense'));
} else {
// h2見出しがなかったら、ともかく真ん中の段落に広告を入れる
$target = $('.entry-content p');
$target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense'));
}

$('.insentense-adsense').html(adsenseCode);
}, false);
</script>
<div class="insentense-adsense"></div>

「自分のアドセンスコードの2箇所の「/script」を「/scrip」に修正してここにコピペ」の部分にご自分のアドセンスコードを入力して下さい。

この時、アドセンスコード内にある2箇所の「/script」の最後の”t”の文字を削除して、「/scrip」として下さい。

scrip

 

後は、「保存」をして完了です。

scripsave

 

同じ様にウィジェットの「記事タイトル下広告(PC)」に設定しましょう。

 

今回の設定にあたり、下記サイトの記事を参考にさせて頂きました。

参考にしたサイト

参考 【改良版】コピペで簡単!はてなブログで「文中にアドセンス広告を入れる」を自動化する方法UXエンジニアになりたい人のブログ

 

それでは皆さん、良い「SANGO」 LIFEを!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です