【iPhone】「Wallet」がない!?どこにある?ここだよ!

10月25日に配信が開始されたiOS 10.1では、「Apple Pay」が使えると話題になりました。

 

Apple Payを利用するには、「Wallet」アプリにSuicaやクレジットカードやプリペイドカードの情報を登録しておく必要があります。

 

しかし肝心のWalletがどこにあるか分からないという方に、Walletアプリのある場所を紹介したいと思います。

 

iOS 10からは、iPhoneにデフォルトで入っているアプリの削除も行えるようになったのですが、Walletアプリだけは削除できないようになっているので、iPhoneのどこかには必ずあるはずです。

 

多いのが、iPhoneにデフォルトで作られている「便利ツール」というフォルダの中にWalletがある場合です。

f:id:ringocat-note:20161027090407p:plain

 

そのフォルダにもWalletがなく、iPhoneにアプリをたくさん入れていて、どこに整理したか分からなくなってしまったという場合は、「ウィジェット」から検索して探すことができます。

 

ウィジェットの呼び出しは、指をiPhoneの画面の一番上の部分から下に向けてスワイプします。

f:id:ringocat-note:20161027090605p:plain

 

でてきたウィジェットの検索窓に「Wallet」と入力して検索します。

f:id:ringocat-note:20161027090635p:plain

 

検索結果に「Wallet」がでてくるので、それをタップすればWalletアプリが起動します。

 

それではみなさん、良いWallet LIFEを!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です