【WOODWE】天然の木や石などを使ったユニークなiPhoneケースをレビュー【クルミ材ハードウッドケース】

今回ご紹介するiPhoneケースは、ヨーロッパは”リトアニア発”のiPhoneやMac Bookカバーのブランド「WOODWE」のiPhoneケース。

全てのケースが自然の素材でできているため、天然の柄が持つ表情をダイレクトに楽しめるところが特徴です。

他の人のiPhoneカバーと差をつけたいといった方にはうってつけのケースとなります。

 

「WOODWE」クルミ材ハードウッドケース

WOODWEは木や石、貝や錆(サビ)、砂など、様々な天然素材を取り入れたケースです。

そんな中で今回ワタシがチョイスしたiPhoneケースは、天然のクルミの木だけを使ったiPhone XS Max用ケースの「クルミ材ハードウッドケース」です。

 

▼海外から送られてきたパッケージはこんな感じ。

パッケージ

WOODWEのサイトは海外サイトで、商品は海外からの発送になるのですが、ホームページは日本語と日本円表記に対応しているので安心して購入することができます。

商品は購入してから約1週間ほどで届きます。

 

▼パッケージを開封すると、シンプルにケースのみが梱包されていました。

クルミの木のiPhoneケース

天然のクルミの木を使ったiPhoneケースです。

ケースに継ぎ目はなく、一枚板を精巧にくり抜いたiPhoneケースとなっています。

 

▼ケースの厚みは1ミリと、とても薄いです。厚さ1ミリのケース

 

▼重さも23グラムととても軽く、柔らかい肌触りのせいかまるで何も持っていないかのような感覚にさえさせられます。

23グラム

 

▼ケースの下方には「WOODWE」の文字が刻まれていています。

クルミケース下部の刻印

 

クルミ材ハードウッドケースの装着

▼クルミのハードケースカバーを装着するには、長辺の片方を先に入れておいて、もう片方を”カパッ”とはめ込みます。

カバー装着中

 

▼ケースの装着後。緩くもなくキツくもなく、iPhoneに”ピッタリ”なサイズとなっています。

ケース装着後

とても精巧に作られているのがわかります。

 

▼ケースの表面を上に向けるとこんな感じ。

WOODWEクルミのiPhoneケース

カメラ周りも精巧にくり抜かれています。

近代的なiPhoneが天然素材のiPhoneに早変わりして思わずニヤリとしてしまいます。

ケースに傷がついたとしても、天然素材の傷になるので”味”が出そうですね。

 

▼手に持った感じ。

手に持った感じ

クルミケースの厚みが薄いので、持った時のサイズ感は裸のiPhoneのサイズ感とさほど変わりません。

重さも軽いため、まるでケースを着けていないかのような感覚です。

”Air”を謳うケースは数あれど、これこそAirケースではないかと思います。

しかしその感触は冷たい無機質な感触ではなく、木の温もりが伝わるとても柔らかい肌触りです。

香りもほのかに天然の木の香りがします。

とても心地良いので、何度もiPhoneを手にとってみたくなります。

 

クルミ材ハードウッドケースを一周してみる

▼ケースの下部はこんな風に切り抜かれています。

ケース下部分
ケーブルを挿す部分は少し大きく切り抜かれているので、先端が少し大きめの充電ケーブルでも問題ありませんでした。

 

▼音量ボタン側。
音量ボタン側
音量ボタンとサイレントスイッチ部分は大きく切り抜かれているタイプで、ダイレクトにスイッチを操作することができます。

 

▼ケース上部側もくり抜かれています。

上側
ケースが伸縮性のない天然の木でできているため、おそらくこの部分もくり抜いておかないとケースを装着したり脱着したりできないのでくり抜いてあるのだと思います。

ただ、半分はクルミのケースで覆われているので、上からiPhoneを落としたからといって、iPhoneに傷がつくこともないでしょう。

 

▼サイドボタン側。
サイドボタン側

 

▼カメラ部分。

カメラ部分

ケースとカメラがほぼ同じ高さとなっているのでその点は少し注意が必要かもしれません。

▼カメラ部分を保護するフィルムなども販売されているので、それらを活用するのもいいかもしれません。

 

▼そしてiPhoneのディスプレイ側。
ディスプレイ側
こちらもケースのベゼルの高さはiPhoneのディスプレイの高さとほぼ同じ高さになっています。

そのため、ディスプレイに貼ってあるガラスフィルムはケースよりも上に飛び出た格好となっています。

伸縮性のない天然木材を使用しているため、これ以上上にケースを覆うことができないのだと思います。

まぁディスプレイにガラスフィルムを貼ってあれば、ディスプレイの傷は問題ないでしょう。

 

プラスチックフレームと天然素材を組み合わせたカバー

さて、今回ご紹介したiPhoneケースWOODWEのクルミ材ハードウッドケースですが、ベゼルの高さがカメラやiPhone本体と同じになっているため、少し不安に感じる方もいるかもしれません。

▼そんな方には、他のケースにもよくあるようなベゼルがiPhoneよりも少し高くなったプラスチックフレームと天然素材を組み合わせたケースもあります。

クルミとラバーバンパーのケース
ベゼルが浮いてる ベゼルが浮いてる

これならグリップもよく、カメラやディスプレイの傷を心配する必要もなくなるかもしれません。

天然素材はクルミの他にもバンブーやチーク、チェリーなど、その他にもたくさんの天然素材から選べるので、どれをチョイスしようか思わず迷ってしまいます。

 

石や貝、錆、砂などのiPhoneケース

その他にも、石や貝、錆、砂などの天然素材を使ったiPhoneケースもあります。

石のiPhoneケース 貝のiPhoneケース
錆のiPhoneケース 砂のiPhoneケース

 

iPadやMac Bookケースも

iPadやMac Bookケースも存在します。

▼こちらはiPadカバー

ipadカバー

 

▼こちらはMac Bookカバー

MacBookカバー

 

▼そして将来ワタシが欲しいなぁと思っているMac Book用のカバー。

足跡のデザインが遊び心があって気に入りました。

MacBookカバー足跡デザイン

いずれも中央のアップルマークの部分は木がくり抜かれています。

 

商品は海外サイトで購入し、海外から発送されるよ

WOODWEの商品の購入は、WOODWEの公式サイトから購入することができます。

海外サイトになるのですが、前述の通り、日本語と日本円表記に対応しているため、日本人でも安心して商品を購入することができます。

WOODWE公式ページ

 

ただ、今回WOODWEから商品を購入して一点だけドキッっとすることがありました。

海外からの輸入商品となるので、日本に商品が到着した時点で”税関”を通過するということです。

郵便物の配達状況がメールで送られてくるのですが、関税に到着した時点でWOODWE側から「商品は関税に止められ配達することができません」という内容のメールが送られてきて、一瞬ドキッとしました。

ただし、翌日には無事に関税を通過できたのか「宅配業者により商品がまもなく配達されようとしています」という内容のメールが送られてきてホッとしました。

おそらく関税にひっかかる商品はないと思うので、関税に止められたというメールが来ても無視しても大丈夫だと思います。

それが思わずドキッとした出来事でした。

 

まとめ

今回ご紹介したiPhoneケースは「WOODWE クルミ材ハードウッドケース」になります。

WOODWEの商品の中で天然木材のみを使ったケースはこのクルミ材ハードウッドケースのみとなるようでした。

他の素材のケースは、プラスチックフレームと融合されたケースとなります。

クルミ材ハードウッドケースのみがiPhone 6以降のモデルに対応していて、その他のケースはiPhone 5以降に対応しているようです。

ご自身のiPhoneに合ったケースをチョイスして購入してくださいね!

また、一度商品を購入すると次回使えるクーポンコードも送られてきますよ!

WOODWEのケースのご購入は下記公式サイトから購入することができます。

 

それではみなさん、良いiPhone LIFEを!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です